胡蝶蘭の花言葉|色別(白,赤,青,紫,他)や英語での意味・由来

胡蝶蘭の花言葉|色別(白,赤,青,紫,他)や英語での意味・由来

 

開店・開業といったビジネスシーンや結婚式などのお祝い事に贈る花としては鉄板の胡蝶蘭ですが、胡蝶蘭が選ばれる理由のひとつに、胡蝶蘭の持つ素敵な花言葉が挙げられます。

 

 

こちらのページでは、全ての種類の胡蝶蘭に共通進花言葉はもちろん、花の色ごとにある色別の花言葉、英語の花言葉について解説していきます。

 

また、それぞれの花言葉に適した場面の参考例や、胡蝶蘭という名前の由来、それに、高品質な胡蝶蘭が格安で買えるネット通販についてもご紹介します。

 

ビジネスシーンのお祝い事だけでなく、葬儀やお悔やみの供花として、最近では、個人的な記念日や誕生日プレゼントとしても利用されることの多い胡蝶蘭ですが、花言葉を知れば、より一層の想いを伝えられるのではないでしょうか。

 

胡蝶蘭の花言葉について、なるべく端的に知識を得たい方や、贈る相手の場面に適した胡蝶蘭を選びたいと思った方のお役に立てれば幸いです。

 

目次を開くと読みたい項目へジャンプできます。

胡蝶蘭の花言葉

胡蝶蘭の花言葉
それでは、さっそく胡蝶蘭の持つ花言葉について詳しく見ていきましょう。

 

全種類共通の花言葉

 

胡蝶蘭の種類は、色別・大きさ別に分類されますが、全てに共通する「花言葉」があります。

 

幸福を運んでくる
純粋な愛

 

という2つの素敵な花言葉がそれで、お祝い事だけでなく、様々なライフシーンのフラワーギフトとして幅広く愛される理由のひとつがこれです。

 

 

色別の花言葉

色別の花言葉
また、胡蝶蘭は色や大きさによって種類分けされていますが、色ごとに個別の花言葉も持っていて、より細かく場面に応じたチョイスが可能です。

 

 

白い胡蝶蘭の花言葉

白い胡蝶蘭の花言葉

 

胡蝶蘭の中でも需要が多いカラーで、お祝い事だけでなく、葬儀などお悔やみのを含め、どんな場面にも合うのが白です。

 

白い胡蝶蘭の花言葉は、「純真」。

 

 

赤・ピンク胡蝶蘭の花言葉

赤・ピンク胡蝶蘭の花言葉
愛の告白やプロポーズ、友人や家族への愛情を表すのに相応しいのが赤色やピンク色の胡蝶蘭です。

 

赤色・ピンク色の胡蝶蘭が持つ花言葉は「あなたを愛します」。

 

 

青い胡蝶蘭の花言葉

青い胡蝶蘭の花言葉
石原産業という企業と千葉大学の共同研究によって2012年に品種改良されたのが、自然界には存在しなかった青い色の胡蝶蘭で、希少価値が高い品種となります。

 

青い色の胡蝶蘭が持つ花言葉は「愛」「尊敬」。

 

 

花言葉を持たない色の胡蝶蘭

花言葉を持たない色の胡蝶蘭
ご紹介してきたように、胡蝶蘭には全種類共通の花言葉以外、咲かせる花の色別に付けられた花言葉も素敵なものばかりです。

 

しかし、紫色やリップ系(真ん中が赤く花びらが白い紅白)、黄色といった珍く希少性の高い色の胡蝶蘭には、流通が始まって間もないこともあり、まだ花言葉が付いていません。

 

ただ、「幸せを運んでくる」「純粋な愛」といった花言葉は共通ですし、花の色が持つカラーイメージを利用して想いを込めることが一般的になっています。

 

 

紫色の胡蝶蘭

紫色の胡蝶蘭

 

紫色の胡蝶蘭は希少性も高く、珍しいため白い色の胡蝶蘭を贈るよりも印象に残りやすい品種になります。

 

紫は高貴で上品なカラーイメージを備えているので、長寿祝いや大事な相手へのプレゼントとしても喜ばれています。

 

リップ系色の胡蝶蘭

リップ系色の胡蝶蘭

 

真ん中が赤く花が白いリップ系色の胡蝶蘭は「紅白」を連想させるので、おめでたい席に贈られることが多く、縁起の良さが好まれる結婚式や長寿祝い、当選・合格祝い等にも適しています。

 

黄色の胡蝶蘭

黄色の胡蝶蘭

 

黄い色の胡蝶蘭には、「商売繁盛」「暖かさ」といった印象を受ける人が多く、開店・開業祝いなどといった場面で多く利用されています。

 

明るく太陽をイメージさせる黄色も比較的珍しいので、相手に強い印象を与えたい場合にも適していると言えるでしょう。

 

 

胡蝶蘭|英語の花言葉

胡蝶蘭|英語の花言葉

 

花言葉という文化は日本特有のものでわなく、西洋にも「Language of flowers」といって、日本でいう所の花言葉的なものが存在します。

 

ただ、西洋と日本では必ずしも同じではなく、同じ花でも西洋と日本では花言葉が違うことがあります。

 

 

西洋で胡蝶蘭が持つ花言葉は、「LOVE(愛情)」「BEAUTY(美)」「LUXURY(高級、豪華さ)」「REFINEMENT(上品、優雅)」。

 

 

 

胡蝶蘭の名称と由来は?

胡蝶蘭の名称と由来

 

胡蝶蘭の学名は「Phalaenopsis aphrodite(ファレノプシス・アフロディーテ)」といいます。ファレノプシスを訳すと「蛾のような」という意味になり、アフロディーテとは、ギリシャ神話の愛と美と豊穣の女神アフロディテから来ています。

 

日本人が蛾に持つイメージはあまり良い物とは言えませんが、海外では蝶と蛾の区別する文化が強く無いとのことです。

 

【ラン科ファレノプシス属】
学名: Phalaenopsis aphrodite
日本名: 胡蝶蘭(コチョウラン)
別名: ファレノプシス、モスオーキッド
英名: Phalaenopsis, Moth Orchid
原産地: 東南アジア

 

日本名で付けられた胡蝶蘭という名称の由来ですが、蝶が舞い降りたような優雅な美しさを評して命名されたそうです。

 

胡蝶というのが「蝶」のことであり、「欄」は花の種類となりますが、その組み合わせから「胡蝶蘭(コチョウラン)」と呼ばれています。

 

 

胡蝶蘭の花言葉と相応しい場面の参考例

胡蝶蘭の花言葉と相応しい場面の参考例

 

胡蝶蘭は様々なライフシーンのフラワーギフトの定番となっていますが、お伝えしてきたような「色別の花言葉」や「カラーイメージ」を知ることで、贈る場面に相応しい想いを込めることが出来ます。

 

ここでは、いくつかの場面別に、色別の花言葉やカラーイメージ、共通の花言葉を当てはめた参考例をご紹介します。

 

 

取引先など仕事関係のお祝い事で胡蝶蘭を贈るの場合

取引先など仕事関係でのお祝い事

 

胡蝶蘭を贈る場面として最も多いのが、法人や仕事関係で取引先のお祝い事が挙げられ、、開業・新規オープン・移転・就任祝い・創立記念など多岐にわたります。

 

定番となっているのが白い胡蝶蘭で、胡蝶蘭共通の「幸せを運んでくる」という意味合いが喜ばれているようです。また、紅白でおめでたいカラーイメージの赤リップ系や、開業や新規オープン(開店)祝いには、「商売繁盛」のカラーイメージがある黄色い胡蝶蘭も人気です。

 

取引先の担当者や重役の結婚式などの場合も、白い胡蝶蘭が定番で、白い胡蝶蘭の持つ「純真」という花言葉と「幸せを運んでくる」「純粋な愛」という胡蝶蘭共通の花言葉がピッタリです。

 

また、紅白でおめでたいイメージの赤リップ系も結婚式に相応しいですし、白い胡蝶蘭に寿や祝の文字を染色する化粧欄をチョイスするのも他より強い印象を与えることが出来ます。

 

化粧欄や金箔欄などの特許商品は「ギフトフラワー」という胡蝶蘭専門の通販ショップで注文可能です。

 

 

個人のお祝い事で胡蝶蘭を贈る場合

個人でのお祝い事

 

個人のお祝い事の場合でも、「幸せを運んでくる」「純粋な愛」という花言葉を持つ胡蝶蘭を選ぶ人は多く、高級なイメージもあるのでフラワーギフトの鉄板といっても良いでしょう。

 

誕生日プレゼントでは、おめでたいイメージのある紅白リップ系や「あなたを愛します」という赤・ピンクも素敵ですし、贈る相手の好きな色を選んでも問題ありません。

 

目上の人の誕生日プレゼントであれば「尊敬」「愛」といった花言葉を持つ青い胡蝶蘭を選んでみても良いでしょう。

 

青い胡蝶蘭は長寿祝いにも向いていますし、長寿祝いでは赤・ピンク、青い胡蝶蘭や相手の好きな色をチョイスするのも良いと思います。

 

母の日や父の日には「あなたを愛します」といった赤・ピンクの胡蝶蘭も素敵ですし、「尊敬」「愛」といった青い胡蝶蘭も良いでしょう。

 

告白やプロポーズといった場面では、情熱の赤で「あなたを愛します」という花言葉が最適だと思います。

 

結婚祝いの色選びに関してはビジネスシーンと同じです。引越しや新築祝いなどの場合は白が定番ですが、祝の文字や金箔をあしらった胡蝶蘭もあまり出回らないので喜ばれるでしょう。

 

ちなみに結婚式では、「割れる」「別れる」といった意味合いに取れる偶数を嫌いますので、2本立・4本立といった茎が偶数になっている胡蝶蘭を避けないといけません。

 

引越しや新築祝いの時に気を付けなければいけない点として、「火」をイメージさせる赤い胡蝶蘭は不吉とされていますので避けるようにしましょう。

 

 

葬儀・お通夜・供花として胡蝶蘭を贈る場合

葬儀・お通夜・供花として胡蝶蘭を贈る

 

おめでたい場面やお祝い事のイメージが強い胡蝶蘭ですが、葬儀やお通夜、法事などといった供花として利用されることも少なくありません。

 

基本的には白を選ぶのがマナーですが、49日を過ぎた法事・法要であれば、個人の好きだった色や、「あなたを愛します」という意味合いのピンクや「尊敬・愛」という花言葉を持つ青い胡蝶蘭も良いかもしれません。

 

ちなみに胡蝶蘭は「悲しみに暮れる人の心を癒す」と言われていて、意外に思う人もいるかもしれないですが、お悔やみの場面にも適しているんです。

 

 

法人と個人で変わる胡蝶蘭の相場

法人と個人で変わる胡蝶蘭の相場

 

胡蝶蘭の花言葉と相応しい場面別の参考例についていくつかご紹介しましたが、法人と個人で一般的な値段の相場も気になるところです。

 

特に取り引き先などの仕事関係で胡蝶蘭を贈る場合、一般的な相場より安いものを贈ってしまうと失礼にあたる可能性が高いので、一般的な値段の相場は知っておいた方が良いでしょう。

 

端的にまとめましたので「>>>胡蝶蘭の相場は取引先・個人でどう違うのか?」のページをご覧になってみて下さい。

 

 

胡蝶蘭の花言葉で悪い意味はある?

胡蝶蘭の花言葉で悪い意味はある?

 

花言葉は素敵なものばかりではありません。中には悪い意味や怖い意味合いの花言葉を持っているもの存在していて、例えば黄色いカーネーションなんかは「軽蔑」「疑惑」といった花言葉を持っています。

 

また、素敵な意味合いとネガティブな意味合いの花言葉を併せ持っている場合もあって、アンズには「乙女のはにかみ」「臆病な愛」の他、「疑惑・疑い」といったあまり素敵とは言えない花言葉がふくまれてます。

 

もうひとつ例を出すと、胡蝶蘭と同じ欄科のカトレアは、「魅惑的」「成熟した大人の魅力」「優美な貴婦人」といった花言葉のほか、「魔力」という花言葉も含まれていて、取りようによっては悪い意味にも捉えることが出来ます。

 

こういった例もあるため、胡蝶蘭の花言葉にも悪い意味のものが無いか不安に思ってしまう方もいるようですが、胡蝶蘭にはこういった悪い意味合いの花言葉は存在しません。

 

お伝えしてきた通り、胡蝶蘭の花言葉は素敵なものばかりであり、多くの場面でフラワーギフトに選ばれ続けている理由のひとつでもあります。

 

 

胡蝶蘭の花言葉まとめ

胡蝶蘭の花言葉まとめ

 

胡蝶蘭の花言葉は素敵なものばかりで、フラワーギフトの鉄板として選ばれ続ける理由の一つになっています。

 

また、色別の花言葉や一般的になっているカラーイメージを組み合わせることで、贈る場面に合わせたキメ細かい思いやりのメッセージを伝えることが出来る素敵な花だと思います。

 

花言葉だけでなく、見た目の美しさも選ばれる理由で、日持ちの良さ・香りや花粉の少なさ、手入れの簡単さは、相手に負担を与えず、胡蝶蘭を長く楽しんでもらえます。

 

 

おすすめな胡蝶蘭の通販は?

おすすめな胡蝶蘭の通販

 

胡蝶蘭を贈る時、パソコンやスマホから注文できるネット通販は便利です。しかし、相手先に届いた時に花が散っていたり、商品画像で選んだものと全然違うしょぼい胡蝶蘭だったりしたらと思うと不安なものです。

 

ネット通販を利用する時に注意しないといけないのは、信頼できるお店かどうかということですが、初めて注文する場合はそこまで確認できないんではないでしょうか。

 

そこで、口コミでも評判の良いネット通販をまとめたページを用意しました。品評会での受賞歴がある生産者との直接契約を行い、発送前の商品画像を見せてくれるサービスや、ラッピング・立札などの無料サービスが充実しているお店を比較しやすくランキング形式で紹介しています。

 

仕事関係で注文される方の経理処理が簡単になる、法人向け請求後払いにも対応しているお店が多いので、参考になるかと思います。

 

一般小売店である生花店より値段も安く、産地直送なので新鮮な胡蝶蘭を届けてくれるところが大半です。是非、ご覧になってみて下さい。

 

こちらです⇒ 胡蝶蘭の値段が安い通販ランキング@高級花が激安!一般相場は?


トップへ戻る