胡蝶蘭の値段が安い通販ランキング@高級花が激安な理由

胡蝶蘭の値段が安い通販

 

高級な花のイメージが強い胡蝶蘭ですが、同じ胡蝶蘭でも通販で注文するほうが値段が安くて新鮮、豪華な仕様になればなるほど激安感が強くなると言います。しかし、なぜ通販で購入したほうが安いのか?どうして新鮮なのかは気になるところでしょう。

 

「値段が安い=品質が悪い」というのが世間の相場ですから、しっかりとした理由を知りたい方が多いのが当然だと思います。こちらのページでは、通販の胡蝶蘭が安い理由や、商品ラインナップが多い理由、そして、良いショップの見分け方についてまとめています。

 

また、口コミでも人気のあるお店についても、評判の良いショップをランキング形式でご紹介します。

「品質が良くて新鮮な胡蝶蘭を、なるべく安い値段で注文したい。」
「信頼できる胡蝶蘭の通販を知りたい」

そんな感じでお探しなら、ご参考になるかと思います。

 

評判の良い通販を直ぐ比較するならコチラ
値段が安くて信頼できる胡蝶蘭の通販ランキング

 

目次を開くと読みたい項目にジャンプします。

このページの目次

通販の方が胡蝶蘭の品質も良くて値段が安い理由とは?

通販の方が胡蝶蘭の品質も良くて値段が安い理由
お花屋さんで胡蝶蘭を選ぶ場合、お店に並んでいるものは、単純に言うと「生産農家⇒卸花市場⇒花屋」という流通経路を辿ります。その流通過程では、運送費・マージンなどが発生し、中間コストが上乗せされることになります。

 

さらに、花屋さんに置かれている胡蝶蘭は、売れ残るリスクがあるため、お店によっては売れ残りのリスクとして金額に加算しているところもあるようです。一方で評判が良くて人気のある通販ショップは、「産地直送」の仕組みを取り入れているところが多いので、生産農家が丁寧に梱包し、栽培している農園から直接消費者に届けてくれます。

 

中間コストが省かれるので、同じ胡蝶蘭でも激安価格で購入出来たり、何よりも新鮮なお花を届けられるというわけです。例えば、3本立の大倫胡蝶蘭などで比較してみると、半額に近い値段で注文出来ることもあります。

 

 

花屋で選ぶより通販胡蝶蘭の品揃えが豊富な理由

花屋で選ぶより通販胡蝶蘭の品揃えが豊富な理由

 

上記でお伝えしたうように、口コミなどでも評判の良い胡蝶蘭の通販は、その多くが有力な生産農家と直接契約しています。

 

胡蝶蘭の品評会でも賞を受賞するなどした栽培元の生産農家と提携することに注力しているケースが多いので、花屋さんが仕入れる現品の数よりも、はるかに豊富な商品ラインナップのは必然です。栽培を行っている大元ですからね。

 

また、胡蝶蘭は寒さに弱く、生産農家は複数の温室で栽培を行っているので、1年を通して流通していますし、オーダーメイドにも臨機応変に対応することが出来ます。

 

 

高品質・低価格な「胡蝶蘭通販ショップ」の見分け方

失敗しない「胡蝶蘭通販ショップ」の見分け方
胡蝶蘭の通販で怖いのは、販売ページの見本画像よりショボい胡蝶蘭が届けられたり、届いた時には萎れていたりするケースです。花屋さんで現物を見て選ぶのとは違い、実物を直接確認できない不安が残ります。

 

ここでは、そんな不安を出来る限りカバーし、出来る限りトラブルが起きないような工夫をしていて、万が一トラブルが起きた場合も誠意的に対応してくれるお店の見分け方について解説します。もちろん、「品質が良くて割安なお店」というのが大前提です。

 

1、商品画像の送信サービスがある通販を選ぶ

商品画像の送信サービス

 

口コミなどでも評判が良いのは、自分が選んだ胡蝶蘭の実物写真をメールで送信してくれるサービスです。発送前の商品画像を送信してくれるので、実物を見ることが出来ないという胡蝶蘭の通販サービスで発生する不安をある程度解消してくれます。

 

2、複数種の立札やラッピングサービスのあるところを選ぶ

複数種の立札やラッピングサービス

 

胡蝶蘭を贈る場面は様々ですが、立札やラッピングが贈りたい場面に合わせて複数種類用意されている通販を選ぶほうが良いです。様々なシーンに対応した種類が用意されていることで、よくわからない場合も安心ですし、添えたいメッセージなどにも定型文が用意されているので頭を悩ませる負担がなくなります。

 

※評判の良い胡蝶蘭の通販は、ポイントを押さえた入力項目があり、記入は簡単ですが折り返しの確認作業が適切で、実際に発送する際に誤りが無いように配慮が出来ています。

 

3、産地直送の通販を選ぶ

産地直送の通販

 

これは最初にお伝えした通りですが、「中間コストが省かれ値段が下がること」「栽培している生産農家から直接発送するため胡蝶蘭が新鮮なこと」「種類や大きさ、色や組み合わせなど、選択肢の幅が広がること」などの理由です。

 

もっと詳しく調べたい場合は、こちら⇒「なぜ胡蝶蘭の通販は産地直送が良いの?」のページに分かりやすくまとめていますので先にご覧下さい。

 

4、受賞歴のある生産者と契約している通販を選ぶ

受賞歴のある生産者と契約している通販

 

胡蝶蘭は農林水産大臣賞や世界洋らん展、天皇賞などといった格式が高そうな品評会が行われ、全国の生産者が数多く出品してきます。こういった品評会で受賞している生産者と契約しているショップは、胡蝶蘭の品質基準を設けている場合も多く、基本的に変なお花が届けられることは考えにくいからです。

 

5、場面別・種類別・価格別などで選びやすい通販で選ぶ

場面別・種類別・価格別などで選びやすい通販
品質もそうですが、販売ページ自体が分かりにくい通販は避けたほうが無難です。利用者の視点でわかりやすい作りになっていないお店は、お客に優しくないケースが多いからです。まあ、商売の基本ですね。

 

6、送料や配送可能日を明確に記載している通販を選ぶ

送料や配送可能日を明確に記載している通販
胡蝶蘭の値段だけに目を向けるのではなく、配送料にも注目して見て下さい。地域によっては送料無料となっているものも多くありますが、販売ページの上や最下部に「配送料について」などの項目があるので、地域別などで明確にしている通販を選びましょう。

 

また、急ぎの場合でも対応してくれる通販が便利なので、当日・翌日といったスピード配送が可能かどうかも確認しておきたいところです。取り扱いが多いところほど、急ぎで胡蝶蘭を届けたいというニーズも多いので、信頼できるかどうか、ひとつの指標にもなります。

 

 

値段が安くて信頼できる胡蝶蘭の通販ランキング

値段が安くて信頼できる胡蝶蘭の通販
一応ランキング形式にはしていますが、胡蝶蘭の質や割安感はもちろんのこと、企業の取り組みやサービスなどがハッキリと公になっていて、口コミでも評判の良いショップだけをまとめているので、そういった点はどのお店を利用しても大丈夫かと思います。

 

通販の方が胡蝶蘭の品質も良くて値段が安い理由

ひとはな(HitoHana)の特徴
・オシャレなマイクロ胡蝶蘭なら3,000円台から販売しています。

・農林水産大臣賞、世界らん展ブルーリボン賞など受賞した生産者をはじめ、有力な生産農家から産地直送でお届け!
・立札、ラッピング、メッセージカードも場面別に無料のサービス!
・注文した胡蝶蘭の画像送信サービスあり!
・東京、神奈川(一部)、埼玉(一部)、名古屋市内、大阪市内、福岡市内であれば、有料での当日配達も可能。
・12時までに注文すれば翌日に届くというスピード配達。(配送無料地域あり)

価格
3,780
評価
評価5
備考
3,780円(税込)くらい〜
配送料の有無
胡蝶蘭は送料無料【沖縄は配送不可・離島は要相談】
当日配送
×
翌日配送
〇【全国対応※沖縄は配送不可】
ひとはな(HitoHana)の総評
胡蝶蘭の他にもスタンド花や観葉植物、花束、アレンジメントなども取り扱っている比較的大規模な通販になります。産地直送など流通構造をシンプルにすることで胡蝶蘭の値段も安いです。豪華な胡蝶蘭ももちろんですが、3千円台〜5千円台、1万円未満で胡蝶蘭を注文できるので、個人のプレゼントや記念日にと予算の少ない方でも利用しやすいのが魅力です。

通販の方が胡蝶蘭の品質も良くて値段が安い理由

幸福の胡蝶蘭屋さんの特徴
・10,000円前後のミディサイズの品揃えが豊富で、非常にお手頃です。

・世界洋らん展でブルーリボン賞を受賞した生産者をはじめ、有力な生産農家と契約し高品質な胡蝶蘭が産地直送で届きます。
・四国、本州に関しては送料が無料です。
・注文した胡蝶蘭の画像送信サービスあり!
・13時までの注文であれば即日配達も可能。

価格
8,400
評価
評価5
備考
8,400円(税込)くらい〜
配送料の有無
無料【九州・沖縄・北海道は有料】
当日配送
×
翌日配送
〇【九州・沖縄・北海道は翌々日】
幸福の胡蝶蘭屋さんの総評
胡蝶蘭専門の通販ショップです。胡蝶蘭の品質には特にこだわっていて、世界洋らん展のブルーリボン賞を受賞した生産者をはじめ、品質の良い胡蝶蘭を育てている農家の開拓にも力を入れています。口コミなどでも品質が良いと評判になっていて、販売ページでは売れ筋ランキングが分かりやすく掲載されていたりと、利用者が選びやすいよう工夫されています。さらに、一般生花店の相場価格との比較が表記してあるのでリアルなお得感を感じられます。

通販の方が胡蝶蘭の品質も良くて値段が安い理由

胡蝶蘭園.comの特徴
・花ビラの大きさや色、茎のバランスやつぼみの数、鮮度といった独自の基準を設け、提携している生産者は基準をクリアしたものしか出荷しないということです。

・梱包にもこだわり、寒い時期にはカイロを入れたりして胡蝶蘭が痛まないよう細心の注意を払っています。
・そんな高品質な胡蝶蘭で業界最安値で提供!
・生産農家より産地直送でお届け!
・日本全国スピード配達、東京23区なら午前11までの受付で当日配達!
・注文した胡蝶蘭の画像送信サービスあり!

価格
13,800
評価
評価5
備考
13,800円(税込)くらい〜
配送料の有無
無料地域あり【各商品ごとに個別記載】
当日配送
〇【午前11時までの注文で東京23区に限る・平日のみ】
翌日配送
【離島など一部地域を除く】
胡蝶蘭園.comの総評
品質にはとことんこだわる胡蝶蘭専門の通販ショップになります。独自の厳しい品質基準をクリアしたものしか出荷せず、流通ルートも独自で確立し、高品質な胡蝶蘭を業界最安値で提供するという取り組みも好感が持てます。販売ページも選びやすく作られていて、胡蝶蘭の種類別、場面別、価格別など、利用者のニーズによって選択しやすい工夫がされています。

 

胡蝶蘭の値段が決まるポイントは?

胡蝶蘭の値段が決まるポイント

 

胡蝶蘭にはたくさんの種類があり、値段も数千円程度で購入出来るものから何十万もする高価なものまで様々です。ここでは、胡蝶蘭の値段が決まるポイントについて簡単に解説してみます。

 

基本的には、花弁の大きさ・本数(茎)・輪数(花の数)によって変わります。花の大きさについては大倫と呼ばれるものが一番大きく値段も高くなります。少し小さいミディサイズ・ミニサイズといった花の小さい胡蝶蘭になると大倫よりも安くなるわけです。

 

次は本数ですが、胡蝶蘭でよく使われる「○○本立」という単位は茎の数になります。茎の数が多いほど値段が高くなり、少ないほど値段は安くなります。最後に、輪数というのは一つの茎についている花の数になります。これも、数が多いほど値段が高く、少ないほど値段が安くなるということになります。

 

 

胡蝶蘭の種類ってどれくらいあるの?

胡蝶蘭の種類
先ほど、胡蝶蘭には種類があり、その種類によって値段が変わってくることをお伝えしましたが、次はその胡蝶蘭の種類について簡単に紹介していきます。

 

胡蝶蘭の種類|色

 

まず、胡蝶蘭の種類分けとしては「花の色」があります。定番の白い胡蝶蘭や、花の中心部が赤く花びらが白いリップ系、ピンク色系(紫・赤)が代表的ですが、その他にも黄色や青色など、希少価値の高い種類があります。また、文字や模様を花びらに施す化粧欄を取り扱う生産者もいて、栽培技術が進んだ現在ではカラーバリエーションが豊富です。

 

価格面で言えば、定番色の胡蝶蘭よりも希少色のほうが値段が高く、加工が必要な化粧欄が手間が掛かる分、最高値になる傾向があります。

 

大きさ

胡蝶蘭の種類|大きさ

 

胡蝶蘭は大きさによっても種類分けされています。値段については先ほどお伝えしたように、大きいものほど高額になり、小さいものほど低額な傾向です。大きさの種類は簡単い説明すると以下の通りです。

 

ミディ・ミニ胡蝶蘭

胡蝶蘭の種類(大きさ)|ミディ・ミニ胡蝶蘭

 

花の大きさが3センチから5センチくらいで、個人的なプレゼントや贈り物など、数千円から買える胡蝶蘭です。1万円前後の手頃な予算でも3本立・5本立であれば見た目もゴージャスなので、プライベートだけでなく小型店舗への開店祝いなどとしてもおすすめです。

中倫胡蝶蘭

胡蝶蘭の種類(大きさ)|中輪胡蝶蘭

 

花の大きさが概ね6センチから12センチくらいで、ミディ・ミニよりも大きく、大倫よりも比較的小さいので、大倫を送りたいけれど相手先のスペースがあまりとれない場合に重宝します。

 

大倫胡蝶蘭

胡蝶蘭の種類(大きさ)|大倫胡蝶蘭

 

花の大きさが13センチから15センチくらいで、開店祝いや結婚式など一般的に良く目にする一番豪華な種類の胡蝶蘭です。

 

 

本数別で見る胡蝶蘭の値段の相場は?

本数別で見る胡蝶蘭の値段の相場
茎の本数が多いほど値段が高くなることはお伝えしたとおりですが、本数別に一般的な相場について簡単に解説しますね。

 

数字的に不吉な4本立の需要は殆どありませんので、4本立については触れていません。また、6本立まで行くと縁起が良い7本立を選ぶケースが多いようなので、6本立てについても省いています。

 

1本立胡蝶蘭の一般的な値段の相場

胡蝶蘭の一般的な値段の相場

 

主にミディ・ミニといった小さい品種での流通が多く、ミディ胡蝶蘭で5千円台〜1万円前後、ミニであれば3千円台〜5千円台が大体の相場感です。

 

2本立胡蝶蘭の一般的な値段の相場

2本立胡蝶蘭の一般的な値段の相場

 

2本立はミディ胡蝶蘭の流通が多いです。ミニでも4千円台で販売している通販がありますし、ミディや中大倫と言われる種類であれば、1万円前後のお手頃な値段で数多く流通しています。大倫であっても輪数が少なければ5千円台で販売しているケースもありますが、流通は多くなく2万円前後になるのが相場です。

 

3本立胡蝶蘭の一般的な値段の相場

3本立胡蝶蘭の一般的な値段の相場

 

開店・開業祝いなどで贈られる定番と言っても良いのが3本立の大倫胡蝶蘭です。値段の相場は1万円台で買えるものから4万円前後のものまで、輪数や色によって変わってきます。ミディ・中大輪サイズであれば1万円台〜で見た目も豪華です。

 

5本立胡蝶蘭の一般的な値段の相場

5本立胡蝶蘭の一般的な値段の相場

 

5本立ともなると、ミディサイズでもゴージャス感があります。ミディ胡蝶蘭は2万円弱〜3万円弱が値段の相場となり、大倫胡蝶蘭は3万円前後から5万円以上といった相場感で、輪数が多いほど価格も上がってきます。

 

7本立胡蝶蘭の一般的な値段の相場

7本立胡蝶蘭の一般的な値段の相場

 

「ラッキー7」とか「七福神」などで縁起が良いとされる「7の数字」は、おめでたい場面やお祝い等に7本立を選ぶ人が多いようです。見た目のインパクトも圧倒的でVIP感が演出できます。値段の相場も5万円以上からと、価格的にもかなり高額になります。

 

 

※種類が豊富で一般的な相場よりも値段の安い胡蝶蘭の通販※

▼ ▼ ▼

>>>値段が安くて信頼できる胡蝶蘭の通販ランキング<<<

 

 

 

場面別で見る胡蝶蘭の値段の相場は?

場面別で見る胡蝶蘭の値段の相場
胡蝶蘭は贈る相手の場面によっても値段に相場があります。大まかな場面別に胡蝶蘭の相場価格を紹介します。

 

開店・開業・移転祝い等での値段の相場

開店・開業・移転祝い等での値段の相場

 

会社同士⇒ 2万円以上で上限はありません。
家族や親戚の場合⇒ 1万円〜5万円程度
知人や友人の場合⇒ 1万円〜2万円程度
取引先など仕事関係の場合⇒ 2万円〜5万円程度

 

結婚式での値段の相場

結婚式での値段の相場

 

会社同士⇒ 2万円以上で上限はありません。
知人・友人など⇒ 1万円〜3万円程度
親戚・家族など⇒ 5千円〜2万円程度

 

葬儀・通夜での値段の相場

葬儀・通夜での値段の相場

 

個人でも法人でも1万5千円〜3万円程度ですが、会社同士だと5万円以上のものを送る事も少なくありません。

 

法事・法要などでの値段の相場

法事・法要などでの値段の相場

 

知人・友人の場合…1万円〜1万5千円程度
親戚・家族の場合…1万円〜3万円程度
取引先などの場合…1万円〜3万円程度

 

 

※種類や価格でも選びやすい通販はこちら※

▼ ▼ ▼

>>>値段が安くて信頼できる胡蝶蘭の通販ランキング<<<

 

 

胡蝶蘭を贈る時のマナーって?

胡蝶蘭を贈る時のマナー

 

胡蝶蘭を贈る際にはマナーがあります。贈る場面や相手との関係性で違いますが、代表的なものについていくつかご紹介します。

 

相場とかけ離れたものは避ける

相場とかけ離れたものは避ける
値段の相場については上記でお伝えしてきた通りですが、出来れば大体の相場感に適した胡蝶蘭を選ぶほうが無難です。

 

極端な例ですが、取引先の新規店舗オープンなどに数千円のミニ胡蝶蘭を贈ると大抵の場合失礼にあたりますし、母の日や誕生日プレゼントに5万円もする大倫胡蝶蘭の5本立を贈っても、普通のご家庭であれば置き場所も無く高価すぎるので迷惑をかけることになりやすいです。

 

ある程度の節度を持って選ぶことが大切で、最低限のマナーとして覚えておきたいところです。

 

開店・開業・新築祝い等では「赤」を避ける

開店・開業・新築祝い等では「赤」を避ける

 

赤い色は「火」を連想させるというのが一般的になっていますので、開店や開業祝、新築や移転祝いで贈る場合は赤い胡蝶蘭は避けるようにします。もっとわかりやすく言うと「火=火事」といった意味合いが不吉とされているわけで、赤一色のラッピングも好ましくありません。

 

結婚式や告白では割れる数字はNG

結婚式や告白では割れる数字はNG

 

数字で言う偶数ですが、「割れる」「分けられる」といった意味合いを連想させるので、結婚式や恋人との記念日、告白などの場面では避けるようにします。特に結婚式や披露宴といった場面においては、複数の親類や友人、ゆかりある人がたくさん出席しているので、新郎新婦との人間関係で許されるような場合でも、反感を買ってしまいかねません。

 

タイミングを外さないようにする

タイミングを外さないようにする
多くのことに言えるのですが、贈る相手方の都合を配慮することが大切です。例えば、開店祝いなどでは忙しい当日ではなく前日に届くようにするべきですし、取引先担当者の昇進祝いであれば辞令を受けて1週間以内に届くよう手配したほうが良いです。結婚式などの場合は会場へ問い合わせを行ったうえで当日に届くようにします。

 

個人的なお祝いや記念日などの場合でも、その時々においてタイミングは大切なので、相手の都合や気持ちを配慮して贈ることがマナーと言えるでしょうね。

 

立札やメッセージカードを忘れずに!

立札やメッセージカード

 

開店・結婚式・お悔やみ・就任・栄転など、仕来りの多いシーンに贈る場合は必ず「立札」を付けるようにして、相手の名前やその場面の名称を間違えないようにします。立札は誰から贈られたのかを明確にして相手に探させるような手間を取らせないため、そして名称の間違いは失礼にあたるためです。あと、簡単なメッセージを添えるとより喜ばれます。

 

個人的なプレゼントなどでは立札はいらないでしょうけど、メッセージカードを付けるとより素敵なものになると思います。

 

お見舞いには鉢植えを選ばない

お見舞いには鉢植えを選ばない
入院している人のお見舞いに贈る場合、「根を張る」「根を生やす」という意味合いから鉢植えの胡蝶蘭をそのまま贈るのは縁起が良くないですし、空いても気分が良くないでしょう。お見舞いで胡蝶蘭を贈るなら、切り花としてまとめるなど根を切った状態にしてからにして下さいね。

 

 

お祝いやプレゼントに胡蝶蘭が選ばれる納得の理由

お祝いやプレゼントに胡蝶蘭が選ばれる納得の理由

 

お祝い事なら胡蝶蘭」というイメージが多くの人に浸透していて、今や鉄板です。しかしなぜ胡蝶蘭が選ばれているのかと聞かれれば、意外と知らない人も多いかもしれませんね。ここでは、胡蝶蘭が選ばれる理由について簡単に説明したいと思います。

 

 

素敵な胡蝶蘭の花言葉

素敵な胡蝶蘭の花言葉

 

胡蝶蘭には「幸せが飛んでくる」「純粋な愛」といった素敵な花言葉があります。色別にもそれぞれ素敵な花言葉を持っているのですが、悪い意味のものはありません。胡蝶蘭の持つ縁起の良い花言葉は贈る側の想いを伝えるのに持って来いです。

 

※胡蝶蘭の花言葉についてもっと詳しく調べたい場合は、こちら⇒「胡蝶蘭の花言葉|色別(白,赤,青,紫,他)や英語での意味・由来」のページで分かりやすく解説していますのでご覧になってみて下さい。

 

胡蝶蘭の日持ちの良さ

胡蝶蘭の日持ちの良さ

 

胡蝶蘭は1ヶ月から2か月以上も花を咲かせ続けてくれます。また、お手入れも簡単で手間が少なく、一度花が散っても何回も花を咲かせてくれる、非常に寿命の長いお花です。通常の花束などは1週間も持たずに枯れてしまうのに対し、貰った相手も長い間お花を楽しめるのも選ばれる理由のひとつです。

 

胡蝶蘭は花粉も飛ばず香りが少ない

胡蝶蘭は花粉も飛ばず香りが少ない

 

胡蝶蘭は花粉が飛び散ることもないですし、香りが少ないので相手の環境に悪い影響を与えることがありません。飲食店でもメニューの香りを邪魔しませんし、事務所や病室に置いても美しさだけを楽しむことが出来ます。

 

 

鉄板の胡蝶蘭を品質・価格両面で選ぶならおすすめ

▼ ▼ ▼

値段が安くて信頼できる胡蝶蘭の通販ランキング

 

 

 

簡単にまとめた胡蝶蘭の歴史

簡単にまとめた胡蝶蘭の歴史

 

胡蝶蘭って実は日本古来のお花ではありません。明治時代に日本に持ち込まれたのが最初で、原産地は東南アジアの熱帯地域

 

最初に発見したのは、欄の新種発見を目的に雇われた「オーキッドハンター」と呼ばれる欄ハンターたちで、19世紀ヨーロッパで起きた「欄ブーム」によって生まれた職業の人達です。

 

欄ブームが起きたのは、南米からイギリスに運ばれる荷物の中にカトレアという欄の株が紛れ込んでいて、その株が偶然咲かせた花の優雅で美しい見た目が上流階級を虜にしたのが始まりだそうです。

 

その上流階級の人たちが、さらに美しい欄を求め、多額の資金をもとに雇ったのがオーキッドハンターで、その流れで発見されたのが胡蝶蘭だというわけです。そして、明治時代に持ち込まれた際、「まるで蝶が舞い降りたような美しさ」と形容され「胡蝶蘭」と名付けられたというのが通説になっています。

 

日本に持ち込まれた胡蝶蘭は寒さに弱く、最初はお金持ちしか楽しめない贅沢なお花でしたが、温室栽培の技術が発達し、今では1年を通して流通しています。品種改良なども進み、安い値段でも買えるものが多くなりました。

 

青い胡蝶蘭や網目模様の筋花、マダラ模様の点花といった胡蝶蘭を作る事にも成功し、人工的に着色する化粧花などまで、実に幅広い種類や価格のものがラインナップに加わっています。

 

 

最後に

最後に

 

胡蝶蘭を注文するなら花屋さんよりも、信頼できる通販ショップのほうが値段も安いですし、品揃えも豊富だということがご理解いただけたと思います。

 

胡蝶蘭と言えば高級なイメージが強いですが、個人的なプレゼントや贈り物なら、オシャレで素敵なミディ・ミニサイズの胡蝶蘭を3千円台から注文出来るのも通販の魅力です。

 

定番の大倫3本立ても、通販なら1万円前後で、プロである農家さんが、丁寧に梱包した新鮮な胡蝶蘭を産地から直送してくれるので、花屋さんで直接購入するより安いですし、品質も良さそうなのが分かりますね。

 

もちろん、5本て7本立てといった豪華な胡蝶蘭についても品揃えが豊富で、値段が安いのは通販だと思います。

 

信頼できるお店はこちらです⇒ 値段が安くて信頼できる胡蝶蘭の通販ランキング


トップへ戻る